今日から始めよう!お腹を温めることで得られるメリット5つ

お腹を温めると得られる5つの効果
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

お腹を温めることで、さまざまなメリットがあります。

お腹を温めるだけで何が起きるの?という人は、ぜひこの記事を参考にして欲しいです。

実際に筆者はお腹を温める生活を送っているので、そこで得られたメリットをご紹介します。

温活という言葉が流行っているので、これを機にお腹を温める生活を始めてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

お腹を温めるメリットとは?まずはお腹の温かさをチェックしよう!

お腹を温めるメリットとは?まずはお腹の温かさをチェックしよう!

お腹を温めるメリットを知る前に、お腹の冷えについて理解しましょう。

自身のお腹に手を当てて、お腹の温かさを確認してみてください。

お腹の温かさを確認するためには、寝起きの状態でおこなうとベスト。

朝目が覚めたら、布団の中で自身のわきの下とお腹に手を当ててみましょう。

わきの下よりもお腹の方が冷たいと感じた場合、あなたのお腹は冷えています。

起床後の脇の下とお腹は、同じ温度であることが理想的だといわれています。

お腹が冷えていると、内臓が冷えているサイン。

まずはお腹の冷えを確認してみましょう。

お腹を温めるとこんなメリットが!得られる5つの効果

お腹を温めるとこんなメリットが!得られる5つの効果

お腹を温めることで得られるメリットはたくさんあります。

  • お通じが良くなる
  • 代謝がアップする
  • 生理痛が緩和される
  • 免疫力が上がる
  • 精神が安定する

現在悩んでいる不調も、お腹を温めることでメリットに変化するかもしれませんね!

以下で、お腹を温めることで得られる5つのメリットを見ていきましょう。

メリット1. お通じが良くなる

血流不足で腸の動きが悪くなっていることにより、便秘を引き起こす原因に。

お腹を温めると、食べ物を消化して送り出す蠕動(ぜんどう)運動が活発になります。

そのため、お腹を温めることでお通じが良くなるメリットが!

メリット2. 代謝がアップする

身体の中心であるお腹が温まることで、血液も温まります。

温まった血液の流れにのって、酸素や栄養素が体の隅々まで運ばれていくのです。

細胞の働きも活発化し新陳代謝も良くなる為、美肌効果にも期待が。

代謝がアップすると痩せにくく太りにくい体になるので、健康的な生活を送りたい人にピッタリです。

メリット3. 生理痛が緩和する

生理痛は子宮を収縮させ経血を押し出す働きをするプロスタグランジンという物質が、過剰に分泌されて起こるといわれています。

体が冷えて血行が悪くなってしまうとプロスタグランジンが骨盤内で滞ってしまい、生理痛を更に酷くさせる原因に。

このように、体の冷えは生理にも影響を及ぼすのです。

お腹を温めることで生理痛緩和というメリットがあるならば、やらない手はありませんよね。

メリット4. 免疫力が上がる

ウイルスやがん細胞と戦ってくれる細胞は、体温が高いほど活発に働くといわれています。

腸には体全体の免疫細胞が、約7割ほど常駐しているそうです。

お腹の冷えによって細胞の活動が鈍くならない為にも、お腹を温めることは大切ですね。

メリット5. 精神が安定する

低体温や血流が悪いなどの理由で体が冷えていると、心にも不調をもたらす原因に。

体の中心であるお腹から手足の先まで温めることで、免疫力が上がりストレスに強くなるメリットが。

そのため、お腹を温めることで精神的にリラックスをして過ごすことができるのです。

お腹を温めるメリットを味わおう♡おすすめな温め方4選

お腹を温めるメリットと味わおう♡おすすめな温め方4選

お腹を温めるメリットが分かったら、お腹を温める方法を見ていきましょう。

お腹を温める方法はとても簡単なので、自身の生活に合ったものをチョイスしてくださいね。

これからご紹介する4つの方法は、筆者も試したことがあります。

お腹を温める方法が分からない人にも、分かりやすく解説していきますね。

お腹を温める方法1. ホッカイロで温める

ホッカイロは薬局やドラッグストア、スーパーなどで気軽に購入ができますよね。

そのため、お腹を温める初心者さんの強い味方に。

お腹を温める方法2. 腹巻をする

腹巻さえ手に入れることができたら、すぐにお腹を温めることができます。

腹巻をする際は、締め付けがきついものを着用しないようにしましょう。

締め付けがきついと血行が悪くなり、冷えの原因になります。

お腹を温める際は、ゆったりとした腹巻を選ぶと良いでしょう。

また、パンツタイプの腹巻も便利です。

冬場にファッションを楽しみたい女性や、寝冷えに悩む女性の強い味方に。

お腹を温める方法3. 運動をする

運動不足は、体を冷やす原因になることをご存知ですか?

体の代謝が低下して血液の循環が悪くなり、冷えてしまうのです。

そのため、体を冷えから守りたいのであれば、運動をして温める必要性があります。

現代人はエアコンの使用で体温調節ができなくなってしまったり、生活習慣の乱れでホルモンバランスが崩れていることも。

まずは運動をすることで、体全体の温度を上げていくことが大切です。

運動が苦手な人はウォーキングから始めてみたり、自宅でできるヨガやストレッチから始めてみてはいかがでしょうか?

また、ラジオ体操は身体全体の筋肉をほぐし血行を良くする効果が。

ラジオ体操第一は3分程度なので、忙しい女性にピッタリな運動法です。

このように、運動をして体全体が温まれば、お腹も温めることができるのです。

お腹を温める方法4. 温かい飲み物を飲む

温かい飲み物で、体の内部から温めていく方法もあります。

ここで注意点ですが、カフェインは体を冷やす作用があります。

紅茶・緑茶・コーヒーなどにはカフェインが多く含まれているので、冷えの原因に。

お腹を温めるのであれば、ノンカフェインの温かい飲み物を飲みましょう。

また、温めた牛乳にはリラックス効果があるので、ストレスを抱える女性の強い味方に。

お腹を温めることでメリットいっぱい♡今日から早速始めてみよう

お腹を温めることでメリットいっぱい♡今日から早速始めてみよう

お腹を温めることで得られるメリットのおさらい!

お通じが良くなる
代謝がアップする
生理痛が緩和される
免疫力が上がる
精神が安定する

以上5つのメリットがあります。

お腹の冷えはあらゆる不調を招くので、今日から早速お腹を温めるようにしましょう。

この記事を書いている人
出産後に2つのがんを経験。 パニック障害克服中!自死遺族・きょうだい児・DV被害など、色々な経験も積んでいます。 私と同じ境遇の人が「参考になった」「もう少し頑張ってみよう」と前向きになれるようなブログ作りを目指しています。Youtubeでも情報発信しているので、ぜひチャンネル登録してください♡
松永 春奈をフォローする
生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
松永 春奈をフォローする
スポンサーリンク
松永春奈の日常