チラーヂン服用で守るべきこと4つ!

チラーヂン服用で守ること 甲状腺
ぱくたそ
スポンサーリンク

甲状腺機能低下症もしくは、甲状腺全摘・葉切断の手術を受けた人は、チラーヂンの服用が欠かせません。

私は2018/05/11に、甲状腺全摘出手術を受けたのでチラーヂンを服用しています。

そこで、チラーヂンを服用し始めたばかりの人でも分かりやすく、守るべきことを4つ紹介しますね。

スポンサーリンク

チラーヂン服用で守るべきこと4つ

チラーヂン服用で守ること

甲状腺機能低下症・甲状腺全摘・甲状腺葉切断をした人は、チラーヂンを服用するようになります。

チラーヂンはホルモンを補給する役割を担っているので、生きるうえで欠かせません。

チラーヂン服用でまもるべきことは4つあるので、これから服用をする人は目を通してくださいね。

チラーヂン服用で守ること①通院をする

チラーヂンの服用量は、人それぞれです。

100mgで足りる人もいれば、それだけでは足りない人も。

ホルモンの分泌量は人によって違いがあります。

また、体重の増減で分泌量が変わることもあるので、しっかりと通院をしましょう。

ホルモンの値を調べるために、血液検査は必須です。

チラーヂン服用で守ること②服薬管理をする

チラーヂンと一緒に服用をして害になる薬はありません。

しかし、飲み合わせには注意が必要な薬があります。

そのため、服薬の管理はきっちりと行いましょう。

・造血薬(鉄剤)、アルミニウムを含む制酸薬、スクラルファートを含む胃薬、亜鉛を含む胃薬 これらの薬を同時に服用すると、甲状腺ホルモンの吸収を妨げることがあります。そのため、併用する場合には時間をずらしていただく必要があります。
・陰イオン交換樹脂薬(クエストラン、コレバイン) この薬は、コレステロールと同様に甲状腺ホルモンも吸着して排泄してしまうため、吸収されません。併用については医師にご相談ください。
・ワルファリン、強心配糖体(ジゴシン、ジギトキシンなど) これらの薬は作用に影響を及ぼすことはありませんが、甲状腺機能の改善によって併用薬の吸収が異なるため、効果が増強したり減弱したりすることがあります。伊藤病院~甲状腺疾患の薬~

チラーヂン服用で守ること③勝手にやめない

チラーヂンはホルモンを補給する薬です。

そのため、服用を勝手にやめてしまうのは禁物。

私のように全摘している人は、命に関わる危険性があります。

自己判断でやめたりせず、医師の指示のもと毎日しっかりと服用しましょう。

チラーヂン服用で守ること④飲み忘れに気を付ける

チラーヂンは半減期が長いので、飲み忘れてしまった場合においても効果の違いは現れません。

しかし失ったホルモンを補給するので、飲み忘れには気を付けたいです。

万が一飲み忘れてしまった場合は、すぐに服用してください。

飲み忘れることがないよう、工夫をすることも大切ですよ。

チラーヂンの服用を守ることで安定した生活が送れます

チラーヂン服用を守ることで安定した生活が送れる

チラーヂンの服用をしっかり守れば、他の人と変わらない生活が送れるように。

私は甲状腺全摘をしていますが、他の人と何ら変わらない生活をしています。

手術をしているので多少の違いはありますが、何かに制限されることはありません。

正しい服用は安定した生活に繋がっていくので、飲み忘れのないようにしましょう!

私にとってチラーヂンは、人生のパートナーです(‘ω’)♡

 

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

甲状腺
スポンサーリンク
スポンサーリンク
haruをフォローする
スポンサーリンク
haruの呟き